炊飯器に入れるだけ!?時短アイデアレシピ

何でも炊飯器で作ることができる

>

時間が掛かる料理を作ろう

短時間でカレーを作れる

まずは食べやすい大きさに材料を切ってから、よく炒めてください。
具材が柔らかくなったら炊飯器に入れて、水も適量入れましょう。
8皿分だったら、400mlから500mlぐらいがちょうど良いです。
それから炊飯のスイッチを押すだけで、カレーが完成します。
水分が少ないと蒸発して、火事になる危険性があるので水分量を間違えないでください。

ハチミツなどの隠し味を入れる場合は、炊飯器で作ったカレーを鍋に移して、沸騰させてから入れてください。
リンゴや、インスタントコーヒーも隠し味になります。
普段のカレーと異なるものを作りたい場合は、隠し味を工夫してください。
しかし入れすぎると味が変になってしまうので、味を確認しながら少しずつ入れましょう。

おつまみにもなるローストビーフ

ローストビーフはおかずになりますし、おつまみにもなります。
しかし市販のローストビーフを購入すれば費用が高いので、好きな人でも頻繁に購入できません。
ローストビーフが好きなら、自分で作ってください。
牛肉を調味料と共に密閉できる袋に入れて、炊飯器で加熱するだけで作れます。
炊飯器に入れたら、熱湯も注いでからスイッチを入れてください。

保温で30分から40分加熱して、自然に冷めるまで待ってください。
すると、おいしいローストビーフの完成です。
手軽に作れますし、フライパンや鍋を使わなくても良いので洗い物が減りますね。
密閉できる袋の中に肉も調味料も入れるので、炊飯釜が汚くなることはありません。
簡単に洗える面がメリットです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る